[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

主にアメリカ映画・文化について書きます。たまに関係なさそうな話題も。

テラスハウス私論ー軽井沢編再始動を記念して

 テラスハウス軽井沢編の最新話が、今日Netflixで先行配信されました。Netflixの映画やドラマはジャンルを問わず広く見ていたつもりでしたが、この番組だけはどうも共感できる気がしなかったので、少し敬遠ぎみでした。
 ところが、最近薦められて軽井沢編を見始めたところ、見事にハマりました。軽井沢編だけですが、2週間くらいで追いつけたと思います。たしかに一種の恋愛バラエティという前提で観るのに躊躇する人はいるかもしれませんが、この番組を引き立てるものとして個人的に大変好きなのが、独特の多重構造です。ざっとリストアップしてみると、こんな感じになります。

(内枠 = 番組本編)
第一層:テラスハウスでの記録映像
第二層:副音声を含むスタジオの反応(=「批評」)

(外枠 = 番組本編外のコンテンツ)
第三層:Youtubeの未公開映像
第四層:個人のインスタ等、出演者のSNS

 第一層では、テラスハウスの住人たちが生活している様を淡々と見続ける訳になりますが、副音声オンで展開する第二層での多声的な反応により、僕のような「テラハ初学者」でも当番組の見方を少しずつ学習できます。
 もちろん視聴者も単なる傍観者としてとどまり続けることは出来ません。出演者の一挙一動を巡る是非が差し込まれていき、スタジオでのキラーフレーズ連発の「批評」が展開していくことで、視聴者もテラハ的世論なるものをイメージし、ネットでも共有していくことになるのです。

 Youtubeの第三層では、知られざる(というか、編集上カットされた、あるいはあえて残しておいた)映像が各話ごとに用意されていて、各出演者の認識を変える、または反転させてしまうような情報を発見してしまうことがあります。第一、二層でほぼ固まりつつあった出演者の認識が実は十分な情報に基づいていなかった、換言すれば、「私たちは彼ら、彼女らのことをあまり分かっていなかったのでは?」と思い知らされることもあります。

 そして第四層のSNSでは、出演者のテラハライフを垣間見ることが出来ます。そこでも本編を見る限りでは知りえないような生活の一部が展開しており、また本編の配信と実生活とは数週間もの時差があるので、今後の展開を推測するヒントとなりうるかもしれません。軽井沢編は今年の12月で終わりを迎えるそうですが、複雑に絡み合う21世紀のメディアを介して展開する重厚な人間模様に注目していきたいです。

星野源の『Hello Song』はStuffへのラブレター

 星野源の"Hello Song"が満を持してフル音源公開された。星野源オールナイトニッポン(ANN)が初オンエアだったので、解禁は火曜日深夜(日付は11/21(水))。こっちも正直解禁のことを知らず、Creepy NutsのANN0*1 で知って急いで本家のラジオの方で聞き直した。

 それにしても、1分くらいのCMで流れていたサビの部分しか知らなかった曲を、いざフルバージョンで聞いてみるとかなり違っていたのが印象的で、特に間奏が大変なことになっている。本人が番組中で「本当にね、僕は真ん中の間奏が超好きなんですけども」と語っている通り。

 既に指摘されていることだと思うが、この間奏は伝説のセッションミュージシャン、リチャード・ティー(キーボード)とスティーブ・ガッド(ドラム)の二人が、これまた伝説のバンドStuffでよくやっていた演奏パターンのオマージュ*2になっている。

youtu.be

(3:20くらいから聞いてみてください、これはStuffのメンツと少し違いますが)

1964年の東京オリンピックや、クレイジーキャッツ植木等のイメージから一旦離れて*3自分の好きな音楽*4を間奏に再び盛り込むあたり、やはり星野源らしいなと素人なりに思った。

*1:個人的に今のオールナイトニッポンのラインアップの中でも彼らの番組が一番気に入っている。エド・シーランの"Shape of You"も聞き飽きていて、正直うんざりしていたのだが—なぜ野球選手はやたらあの曲を使いたがるんだ?許されるのはヤクルトのバレンティンくらいじゃないのか—番組のコーナーのネタ素材として使われているものを何度も聞く度に、少しながら落ち着きを取り戻せた気がする。ちなみに、日本語ラップの解説コーナーも大変啓蒙的

*2:しかしながら、一応補足しておくとこの曲は60年代にスティービー・ワンダーが発表した曲のカバーで、結構ややこしいんですが

*3: 星野源までもが、文化人オリンピック総動員の本格的な流れに巻き込まれるのはさすがに見たくない。あのACジャパンのCMの曲を書いている時点で片足突っ込んでいた訳だが

*4:しかし、それは必ずしも全ての星野源ファンの好みと一致しないような気もする。その一方で、多分ハードコアな星野源ファンは細野晴臣もプリンスも好きなのかな?

『マンディ 怒りのロード・ウォリアー』 

 タイトルこそチャーミングな感じがするが中身はショッキングなシーンの連発で「怒りのロード・ウォリアー」という副題から連想する『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が余すところなく発する快楽的なスピード感の対極を行くドゥーム・メタルのような痛ましいほどスローかつヘビーな前半からの超バイオレントな後半の展開にはやられた!今年一の狂作だった!

 

 

和歌山カレー事件と、大人気ポッドキャスト番組『シリアル』

 アメリカ映画の話ではないです、という断りをしょっちゅう入れている気がする本ブログだが、今回もあんまり関係なさそうな話(でも自分の中では結構つながってると思っている)を二つほど。

 「和歌山カレー事件」と聞いて、ふと記憶がよみがえる人は決して少なくないだろう。かつて日本に衝撃を与えたあの「残忍極まりない事件」(と回顧する人も少ないだろう)に関して、筆者自身も当時まだ幼稚園児だったためあまり状況が分かっていないながらも、とにかく白い粉に対して戦慄していたことだけは覚えている*1
 犯人は林眞須美死刑囚だという結論が、一応の結末となっている。しかし、このyahoo知恵袋の投稿

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

を読んで、そのカレー事件の神話がはっきりとした形で崩されていった気がした。明白な真実の究明よりも、世間と警察の求める物語を林眞須美氏に見出すほうがあまりにも簡単だった、ということだろう。
 
 なぜこんな話を書いているかと言うと、この事件とその後について考えているうちに、あるアメリカのポッドキャスト番組を思い出したからだ*2。その前にポッドキャストについてあまり馴染みのない方に説明すると、「ポッドキャスト=無料でオンデマンドのラジオ番組」と考えてもらえばいいと思う。基本的にはラジオ局が放送している番組が後にポッドキャストとして配信され、様々なアプリを使って聞けるようになっている。もちろんその中にも、ポッドキャストのみでコンテンツを配信する場合も多い。スマホですぐにダウンロードしてどこでも聞けるので、かなり重宝する情報媒体だと考えてもいい。

 そして、2014年、ポッドキャスト界に初めてと言ってもいい、大ヒット番組が登場するのだが、それが"Serial"(シリアル)だ。もちろん、食べるcerealシリアルではなく、serial killerシリアル・キラーの方。といっても、このポッドキャストが連続殺人鬼を扱ったものではない。Seriesシリーズ、という言葉があるように、serialはシリーズ物、連続番組という意味だ。この番組は、一つの事件の真相をパーソナリティー自身が自分の足で探求するというもので、シーズン1では1999年に起こった高校生の殺人事件を扱っている。最終的に逮捕されたのは彼女の当時の恋人で、その彼は現在無期懲役囚。しかしこの番組は回を重ねるごとに、その事件の不明瞭な点を掘り下げていく。では最終的に真犯人が分かるのか、と期待したいところだが、最終回を聞いても結論は出ない。その調査する側の不安や迷いを含め、多くのリスナーを魅了したこの番組はポッドキャストという媒体自体の可能性を大きく切り開いたと言ってもいい*3
 説明が長くなったが、実際にこの番組の影響により「山が動いた」。再審を求める声が高まったことで、実際に今年の5月に

Adnan Syed, Subject Of 'Serial,' Deserves New Trial, Appeals Court Rules : The Two-Way : NPR

再審が決まった。多くのリスナーの関心を呼んだ一つの番組が、一人の服役囚の人生にこれだけの変化をもたらしたのだ*4

 

*1:ある日、民家と民家の間に白い粉が積もっているのを見て、もしやあれはヒ素なのでは?と意味不明な恐怖を抱いた記憶がある

*2:もちろんこの後半の記述以上に是非リンク先の文章を読んでほしいとは思っている

*3:しかし幸か不幸か、このSerialのヒットにより、実録犯罪モノのポッドキャストが量産されることになる。じっくり時間をかけて、番組の世界観に入り込む、というポッドキャストの性質が上手く作用した、ということだろうか。またこのSerialの司会者は、This American Lifeというシカゴのラジオ局WBEZの番組に以前携わっていた。このラジオ/ポッドキャストもとんでもないお化け番組で、10年以上そのクオリティを一切落とすことなく、アメリカのミクロかつマクロな問題を、庶民の視点から描き出している。トランプ政権が誕生した今だからこそ、なおさら聞く必要性が増してきている番組だと言える

*4:ちなみに今年、シーズン3がリリースされた。シーズン3の場合、単独のケースを追う訳ではなく、オムニバス形式となっている

鏡張りの部屋での格闘シーン

 映画をランダムに見ていると不思議にも点と点とが繋がることがある。その中でも気づく度に嬉しくなるのが、鏡張りの部屋で闘うというシーンだ。

 恐らく最も有名な例はブルース・リー主演の伝説的名作『燃えよドラゴン』だと思う。

www.youtube.com

 でも、これの元ネタは、これまた伝説的監督オーソン・ウェルズの『上海から来た女』だったりする。

 

www.youtube.com


 全く繋がりそうにないこの二作のクライマックスが同じ設定であることを思い出す度に驚いてしまう。ここ数年の映画にも鏡張り部屋のシーンがある。80年代ホラーの影響が強い『ザ・ゲスト』でも、鏡張りの部屋での逃走シーンが描かれる。

 そういった中でも特に好きなのは『ジョン・ウィック2』の終盤の格闘シーン。正直ここまで引き込まれるとは思ってなかったが、このアクション映画シリーズ、すごぶる面白さ。3部作の完結作が楽しみで仕方ない。

 

www.youtube.com

 

『デンジャラス・プリズンー牢獄の処刑人ー』

 前から海外サイトで紹介されてたのをチラっと見たことがあって印象に残っていたけど、まさか日本で観られるとは思ってなかった。この点に関してはTBSラジオアフター6ジャンクションで取り上げてくれていたことに感謝。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DGMK1YY/ref=cm_sw_r_tw_dp_0.-YBbQM0E2EB

 70年代の男くさい、ドライな犯罪映画の感じがとてもよかった。主人公(アメリカコメディ映画好きにはおなじみのヴィンス・ヴォーン)、「時間のあるときに鍛えてるから」っていう理由があるにしろ、ありえないほどの怪力男。アクションものろのろした動きから腕やら首やらボキボキ折っていくんだからまあ恐ろしい。2時間12分と結構長尺な映画で少し前半ダレるけど、拾い物として見るには十分すぎるくらいの面白さ。この監督の今後に大いに期待。

 

2018年9月の傑作Netflixドラマ 2) ボージャック・ホースマン シーズン5

 Netflixのオリジナルコンテンツは本当にすごい。巨額の投資から成立しているこの囲い込み戦略は間違いなく成功していると思う。その中でもあまり日本で話題になっていないので結構残念なのがBojack Horsemanというアニメ・シリーズ。

www.honeyee.com 

(ちゃんと日本で紹介してるライターって上の記事を書いた真魚八重子氏くらいしかいない気がします)


 このアニメはオリジナルコンテンツの中でも5本の指に入るほどの傑作ドラマだと思う(一話30分前後の形式が一番見やすいからかもしれないが)。芸能業界の矛盾や欺瞞を突くネタも満載だし、ビジュアル的に笑わせてくるのも楽しい。
 しかし、この作品が素晴らしいのは、とことん視聴者にギミックとは言えないほどの絶望を見せつけてくるところにある。主人公の少しばかりの成長がまたすぐさま帳消しになり、この世の地獄が本人の前に立ち現れてくる。といっても、その地獄は本人の心の奥深くに閉じ込められてきただけ、であったりするのだが。
 それゆえ観る側は結構精神的に余裕がないときついところがある。でも、一見の価値はあると思っている。これほどユーモアとペーソスが絶妙に絡み合った作品を見たことがないくらい凄い作品だと思う。

 9月に配信されたシーズン5のおすすめ回は第1・2・6・10話。一話だけ見るなら第6話かなと思います。

 

 あと9月配信で傑作だったのは、『アメリカを荒らす者』(American Vandal)のシーズン2。内容はすごく説明しにくいのでとにかくご覧あれ。アメリカ青春残酷物語の最果てに待つものは?