[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

主にアメリカ映画・文化について書きます。たまに関係なさそうな話題も。

2018年9月の傑作Netflixドラマ 2) ボージャック・ホースマン シーズン5

 Netflixのオリジナルコンテンツは本当にすごい。巨額の投資から成立しているこの囲い込み戦略は間違いなく成功していると思う。その中でもあまり日本で話題になっていないので結構残念なのがBojack Horsemanというアニメ・シリーズ。

www.honeyee.com 

(ちゃんと日本で紹介してるライターって上の記事を書いた真魚八重子氏くらいしかいない気がします)


 このアニメはオリジナルコンテンツの中でも5本の指に入るほどの傑作ドラマだと思う(一話30分前後の形式が一番見やすいからかもしれないが)。芸能業界の矛盾や欺瞞を突くネタも満載だし、ビジュアル的に笑わせてくるのも楽しい。
 しかし、この作品が素晴らしいのは、とことん視聴者にギミックとは言えないほどの絶望を見せつけてくるところにある。主人公の少しばかりの成長がまたすぐさま帳消しになり、この世の地獄が本人の前に立ち現れてくる。といっても、その地獄は本人の心の奥深くに閉じ込められてきただけ、であったりするのだが。
 それゆえ観る側は結構精神的に余裕がないときついところがある。でも、一見の価値はあると思っている。これほどユーモアとペーソスが絶妙に絡み合った作品を見たことがないくらい凄い作品だと思う。

 9月に配信されたシーズン5のおすすめ回は第1・2・6・10話。一話だけ見るなら第6話かなと思います。

 

 あと9月配信で傑作だったのは、『アメリカを荒らす者』(American Vandal)のシーズン2。内容はすごく説明しにくいのでとにかくご覧あれ。アメリカ青春残酷物語の最果てに待つものは?

2018年9月の傑作Netflixドラマ 1)アトランタ

最近見終わったNetflixのドラマがどれも面白かった。とりあえず『アトランタ』について紹介する。
 
俳優、脚本家、ミュージシャンなど多方面で活躍するドナルド・グローバーが出演するコメディドラマの『アトランタ』はシーズン1がNetflixで見られるようになっていた。まだブレイクしていないラッパー、ペーパーボーイと謎の友人とグローバー演じる大学中退の無職のアーンが、暴力と隣り合わせでいながら日々を何となく生きている様子がどこか面白い。おすすめの回は黒人のジャスティン・ビーバー(!)が登場する第五話と、架空のトークショーが展開する(CMも創作)第7話、そして傑作スリラー『ゲット・アウト』のドラマ版ともいえる第9話。第二シーズンも最近ケーブルテレビチャンネルのFOXにて一挙放送していたので、また観る。
 
 

Searchingの先駆け的Modern Family傑作回

 全てがPC画面内で展開するスリラー映画Searchingが話題のようだが(もちろん、というか順当に未見)、このニュースを知ったとき、どこか既視感があった。
それもそのはず、Modern FamilyというアメリABCテレビシットコムが一回全く同じようなことをやっていたからだ。娘がどこに行ってしまったか心配でならない母親が、夫や他の子供たちからの連絡にも適宜応対しつつ、SNSやメール、グーグル検索などを駆使して何とか娘の居場所をつきとめようとする回。探せば探すほどヤバそうな真相にたどり着きそうになる母親。もしかして今の彼氏と駆け落ちしてラスベガスで結婚式を挙げるのでは?とか思ってパニック状態に陥る母。あくまでもコメディドラマなので気軽に見られるが、目まぐるしくPC画面上に映るものが変化する様子は正直観ていてめちゃくちゃ面白かった。未見の方は是非。
 

芝山幹郎の映画評論・コラム連載媒体まとめ

著名な映画評論家である、芝山幹郎が今現在どこでどのような連載をもっているか、少し調べてみました。完全に網羅出来ているかどうか自信はありませんが、少なくとも結構な数は見つかりました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

週刊文春 星取りチャート (毎週 http://bunshun.jp/category/chinema-chart

暮らしの手帖「シネマ・シバヤマ」(隔月) 

GQ Japan コラム (不定期)

週刊エコノミスト「アートな時間 映画」(月1)

日本経済新聞 日曜版「名作コンシェルジュ」(月1)

キネマ旬報不定期) 

 

NUMBERコラム(スポーツ)

 

BSジャパン シネマ・アディクト(毎週日曜?)

 

文春とJapan GQ以外の場合、無料のネット記事はなく、紙媒体で読むのが一番早いようです。地元の図書館で「シネマ・シバヤマ」、ほぼ毎回読んでいますが、的確な表現と造詣の深さでもってぐいぐいと読ませる感じがとても心地よい評論です。

芝山氏の映画話を実際に聞いてみたいという方には、ぜひTBSラジオのアフター6ジャンクションの特集を聞いてみてください。めちゃくちゃ面白いです。

www.tbsradio.jp

『シング・ストリート』と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

 遅ればせながら『シング・ストリート』(アイルランド、2016年)を観ました。音楽と人間関係における喜びにあふれた映画で、観ていて楽しかったです。

 このブログはアメリカ映画を主に扱うブログなので、一応アメリカ映画と絡ませて話を広げたいと思うのですが、この映画は「向こう岸」に見えるイギリスそして遥か彼方にあるアメリカのポップカルチャーへの憧れが強い作品で、デュラン・デュランザ・キュアーホール&オーツ(挿入曲"Drive It Like You Stole It"は明らかに彼らの"Maneater"を元にして作られている)などの楽曲が登場しています。それを見ているだけでも面白かったのですが、個人的に結構気になったのが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下BTTF)への言及があったことです。

 主人公が結成したバンドのPVを作るにあたって、彼らはBTTFに出てくる50年代の高校のパーティー(プロム)を参考にするのです。要するに、当時(1985年)のアメリカにて描かれた1950年代の「古き良きアメリカ」の1ページ(それが単に幻想にしかすぎなかったのでは?という歴史的指摘については例えばディヴィット・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ』が参考になります)が海を越えて同時代のダブリンの高校生に届いて・・・という流れを約30年後の2016年にまた描く、という形で何重にもアメリカのイメージが再生産されていくのです。こうやってリアルタイムで生きてこなかった人間が、ある時代に憧れていくんだろうな、と思う訳ですが。

 ちなみに、この映画は1985年のダブリンが舞台ですが、実際にBTTFが上映されたのは1985年の12月だったそうで、登場人物が既にその映画を観ていたという設定は本当はおかしいそうです。ノスタルジーの中にアナクロニズム(時代錯誤)が潜んでいた、という点は興味深いと言えるかもしれません。

www.imdb.com

『カメラを止めるな!』を語ることとは (ネタバレなし)

 よくゾンビ映画は人種、経済格差など、社会問題を映し出す鏡として語られることがある。その論理でいくとゾンビ映画を語ることは、現在の社会を語ることになる。

 同様に、『カメラを止めるな!』を語ることは、映画そのもののあり方を語ることになる。映画には、喜びも悲しみも、恐怖も笑いも詰まっている。そんな映画を観ることとは一体何か?映画を作ることとは一体何か?そして映画について後々語ることとは一体何か?

 本作の具体的内容を語らずに本作について語るとなると、意味深な哲学的問いを投げかけることくらいしか残されていないように思えてしまう。しかしながら、こういった問いこそが、この映画に投げかけるべき問いであることだと思えてならないのだ。

 という訳で、未見の方は、ぜひ。

ぴあアプリの黒沢清インタビューがすごい

 表題通りの内容ですが、最近ぴあのアプリをダウンロードして使ってみています。

 このアプリの一番の目玉は黒澤清の独占インタビュー。それも自分の映画製作背景について語るというものではなく、本人に影響を与えた10人の監督についての持論を展開するというもの。

 8月12日の時点ではサム・ペキンパーフェデリコ・フェリーニ、テオ・アンゲロブロス、そして小津安二郎の4人についてのインタビューが公開されています。

 正直なところ、アンゲロブロスについてはほとんど知らなかったのですが、どの回においても黒澤監督の自身の体験と独自的な批評が大変面白く、教養的な意味で勉強になると同時に新しい見方を提示してくれます。

 特に印象に残っているのは、『セーラー服と機関銃』(第三回)の助監督をやっていた際の、長回し撮影のエピソード(新宿の道路を行き交う車を自分一人で止めておかなくてはいけなかったとか、主人公の乗るバイクはすごく遅くてひやひやしたとか)と、小津安二郎ミニマリズムとか日本的とか言われるけど、全然そうじゃない、むしろ相当変わっている、という指摘です。

 このインタビューを読むためだけにもアプリをダウンロードする価値はあると思います。

追記:9/3/2018)

 全てのインタビューが今では読めるようになっています。意外なチョイスも見受けられますが、最後はやはりスピルバーグ。特別扱いなので、前後編あります。インタビュー内でも触れられていますが、スピルバーグがすごいのは、1年に映画を2本撮ることが何度もあること、そしてその2本とも傑作であることだと思います。最近だと『レディー・プレイヤー1』と『ペンタゴン・ペーパーズ』が今年公開でした。個人的には地味な内容であるはずの後者の方に力がより入っていたような気がしました。

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

t.co

ぴあ

ぴあ

  • PIA corporation
  • エンターテインメント
  • 無料

 

play.google.com