[PR]カウンター

ポークとビーンズ

主にアメリカ映画・文化について書きます。たまに関係なさそうな話題も。

「本当は怖い」メリーポピンズ 

 

補遺:

 何年も前にこの投稿を書いていたときにはまさかメリー・ポピンズの続編が公開されるとは夢にも思っていなかった。個人的には、別の続編としての称号を得るべきはNetflixで絶賛配信中の近藤真理恵による番組『KONMARI~人生がときめく片付けの魔法~』だと思っている。お恥ずかしいながら第一話のみを見ての感想になってしまうが、どこからともなくやって来た日本人女性が、これまたとあるアメリカの一家族の片付けをサポートするという枠組みを持つこの番組において、KonMari(と忘れてはならないもう一人のMarie、同時通訳者飯田まりえ)は、彼らの物理的な「家」(house)だけでなく、家族が形成する精神的な意味での「我が家」(home)を「建て直す」。これは本家メリー・ポピンズが、バンクス家において達成したことと明らかに呼応する。

 極め付けは、二人が訪問先に向かう際、雨が降っていて傘を差さざるを得ない状況が生まれていたこと。まさかの二人一組での「メリー・ポピンズ」的瞬間だった。

 

 

関連記事:

 「本当は怖いビートルズ」Track 02 村上春樹・ビートルズの『ノルウェーの森』は”森”じゃない? - アメリカンにアメリカ映画を観る!

アナと雪の女王~ヒットの原因とは?? - アメリカンにアメリカ映画を観る!