[PR]カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

”爆発映画”? 『ブルースブラザーズ』愛すべきおバカ映画(1)

コメディ 洋画 愛すべきおバカ映画

 

  ブルースブラザーズといえば、見たことはないけれど、耳にしたことのあるタイトルかとは思う。これは個人的に相当、派手なおバカ映画だと思っている笑 

 ただ、アクションシーンと音楽に関しては、一級品のものを見せてくれる。それがこの映画の一番の魅力である。

 あらすじ

黒い帽子に黒のサングラス、黒いネクタイに黒のスーツという、全身黒づくめのジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースは、ちぎりを交わした兄弟分。そのブルース兄弟が昔世話になった孤児院が、窮地に陥った! 彼らは孤児院を救おうと、かつての仲間を集めて“ブルース・ブラザース・バンド”を再結成し、そのコンサートの利益を孤児院に寄付しようとするが……。 

allcinema ONLINEより一部引用 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20555

 

 

  ストーリー自体は至ってシンプル。どんでん返しもある訳ではない。

 しかし、前述したように、アクションシーンへの力の入れ方は尋常ではない。

 ショッピングモールへと、車ごと突っ込み、ショーウィンドウを突き破り、店をぐちゃぐちゃに破壊しつくすという過激なカーチェイスシーンは圧巻だし、


Mall Chase - The Blues Brothers (2/9) Movie CLIP ...

クライマックスでは、たかが車一台のために、何十台ものパトカー、何百人もの警察官、しまいには戦車まで出てきて、街中がパニック状態になる。文字化してみても全く伝わらないとは思うが、是非映画で確認していただきたい。

 しかも、爆発も滅茶苦茶多い。スターウォーズ旧3部作でレイア姫を演じ、有名になったキャリーフィッシャーが、なぜかブルース兄弟を追い回していて、建物ごと彼らを葬ろうとする役で主演している(笑)彼女のバズーカやらなんやらで派手にタンクローラーが大爆発を起こしたりで、これこそおバカコメディ映画の真骨頂だ。

(ちなみに、このお約束をパロディ化したのが、21ジャンプストリートだ。これもまた傑作おバカ映画だといえよう)

 ちなみに、音楽に関していえば、この映画は大真面目である。バックバンドは実際のミュージシャンたちで、このメンツでブルースブラザーズのツアーまで実施している。

 ゲストミュージシャンも、ジェームズ・ブラウンレイ・チャールズアレサ・フランクリンなどなど、超大物の黒人ミュージシャンが勢ぞろいしている。

 決して手は抜いていない、徹底したおバカ映画である。

 単におバカなことを、凡庸に描くのは芸がない。それだと、観客もそのレベルの低さに辟易してしまう。自分たちの描くことのおバカさを自認した上で、それを徹底して、真剣に実行に移すことで、良質なエンターテインメントが出来るのではないか。