[PR]カウンター

ポークとビーンズ

主にアメリカ映画・文化について書きます。たまに関係なさそうな話題も。

和歌山カレー事件と、大人気ポッドキャスト番組『シリアル』

 アメリカ映画の話ではないです、という断りをしょっちゅう入れている気がする本ブログだが、今回もあんまり関係なさそうな話(でも自分の中では結構つながってると思っている)を二つほど。

 「和歌山カレー事件」と聞いて、ふと記憶がよみがえる人は決して少なくないだろう。かつて日本に衝撃を与えたあの「残忍極まりない事件」(と回顧する人も少ないだろう)に関して、筆者自身も当時まだ幼稚園児だったためあまり状況が分かっていないながらも、とにかく白い粉に対して戦慄していたことだけは覚えている*1
 犯人は林眞須美死刑囚だという結論が、一応の結末となっている。しかし、このyahoo知恵袋の投稿

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

を読んで、そのカレー事件の神話がはっきりとした形で崩されていった気がした。明白な真実の究明よりも、世間と警察の求める物語を林眞須美氏に見出すほうがあまりにも簡単だった、ということだろう。
 
 なぜこんな話を書いているかと言うと、この事件とその後について考えているうちに、あるアメリカのポッドキャスト番組を思い出したからだ*2。その前にポッドキャストについてあまり馴染みのない方に説明すると、「ポッドキャスト=無料でオンデマンドのラジオ番組」と考えてもらえばいいと思う。基本的にはラジオ局が放送している番組が後にポッドキャストとして配信され、様々なアプリを使って聞けるようになっている。もちろんその中にも、ポッドキャストのみでコンテンツを配信する場合も多い。スマホですぐにダウンロードしてどこでも聞けるので、かなり重宝する情報媒体だと考えてもいい。

 そして、2014年、ポッドキャスト界に初めてと言ってもいい、大ヒット番組が登場するのだが、それが"Serial"(シリアル)だ。もちろん、食べるcerealシリアルではなく、serial killerシリアル・キラーの方。といっても、このポッドキャストが連続殺人鬼を扱ったものではない。Seriesシリーズ、という言葉があるように、serialはシリーズ物、連続番組という意味だ。この番組は、一つの事件の真相をパーソナリティー自身が自分の足で探求するというもので、シーズン1では1999年に起こった高校生の殺人事件を扱っている。最終的に逮捕されたのは彼女の当時の恋人で、その彼は現在無期懲役囚。しかしこの番組は回を重ねるごとに、その事件の不明瞭な点を掘り下げていく。では最終的に真犯人が分かるのか、と期待したいところだが、最終回を聞いても結論は出ない。その調査する側の不安や迷いを含め、多くのリスナーを魅了したこの番組はポッドキャストという媒体自体の可能性を大きく切り開いたと言ってもいい*3
 説明が長くなったが、実際にこの番組の影響により「山が動いた」。再審を求める声が高まったことで、実際に今年の5月に

Adnan Syed, Subject Of 'Serial,' Deserves New Trial, Appeals Court Rules : The Two-Way : NPR

再審が決まった。多くのリスナーの関心を呼んだ一つの番組が、一人の服役囚の人生にこれだけの変化をもたらしたのだ*4

 

*1:ある日、民家と民家の間に白い粉が積もっているのを見て、もしやあれはヒ素なのでは?と意味不明な恐怖を抱いた記憶がある

*2:もちろんこの後半の記述以上に是非リンク先の文章を読んでほしいとは思っている

*3:しかし幸か不幸か、このSerialのヒットにより、実録犯罪モノのポッドキャストが量産されることになる。じっくり時間をかけて、番組の世界観に入り込む、というポッドキャストの性質が上手く作用した、ということだろうか。またこのSerialの司会者は、This American Lifeというシカゴのラジオ局WBEZの番組に以前携わっていた。このラジオ/ポッドキャストもとんでもないお化け番組で、10年以上そのクオリティを一切落とすことなく、アメリカのミクロかつマクロな問題を、庶民の視点から描き出している。トランプ政権が誕生した今だからこそ、なおさら聞く必要性が増してきている番組だと言える

*4:ちなみに今年、シーズン3がリリースされた。シーズン3の場合、単独のケースを追う訳ではなく、オムニバス形式となっている