[PR]カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

スターウォーズ新作批評の批評 (ポッドキャスト予告)

Weekly Selections ポッドキャスト 洋画 音声解説

 前回のポッドキャストでは、スターウォーズエピソード4~6までのおさらいをした訳で、もう『フォースの覚醒』の話はやめようかと思っていましたが、やはり鑑賞した以上語るべきことが何かあるような気がして、次回(厳密には次々回?)はスターウォーズ批評・・・ではなく、批評の批評をしようと思います。あらゆるメディアにて語られ、そしてこれから更に語られてくるであろう本作ですが、一週間くらい待って、「全体的評価はどうか?」「レビュー、批評の主な論点は何か?」という二点に絞って話をしようかと思います。ここまで話題作だと、やはりスターウォーズに関する言説を数々見受けられることになる訳で、どっぷり作品について語るのもいいですが、ここは敢えて視点をずらしてみようと思います。

  予告編として、一つ紹介しようかと思います。

  最近、一番注目しているポッドキャスト、The Cracked Podcastから、"A Cultural History of 'Star Wars' (So Far)" (スターウォーズの文化史(今のところ))を紹介しようと思います。

 https://soundcloud.com/crackedpod/a-cultural-history-of-star-wars-so-far

 このポッドキャストは、コメディ的な観点からポップカルチャーについて、示唆的な記事を掲載しているサイトからのもので、映画や音楽から、アメリカの語られざる歴史まで多岐にわたって語っています。

 今回は、新3部作と旧3部作を比較して、なぜ前者は後者ほどの映画になりえなかったのか毒舌トークを展開しています。これを聞いていると、やはり旧3部作から入っていったファンにとって、新3部作を絶賛することは難しいようです。さらに、皮肉なのは、旧3部作における監督ジョージ・ルーカスは、スタジオ・システムの制約に苦しまされ、自由に映画作りが出来ないと文句ばかり言っていたのに、いざ新3部作で彼が思うがままに作りたい映画を作ったところ、そこまで良いものが出来なかったという皮肉があった訳です。

 要するに、このポッドキャスト一本を聞いても、ジョージ・ルーカスへの葛藤がファンの間にもあって、それにどうエピソード7が立ち向かっていくのかという思いが伺える訳です。

 

 という訳で、質問・コメント等ございましたら、ぜひamericannieiga@gmail.comまでよろしくお願い致します!