[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

桜の木の下には・・・!

 4月も2週目を迎えて、花見のピークもそろそろ終わりかという時期になりました。

 月を美しいものとして、大抵の日本人は見るであろう一方、例えば西洋文化だと、月は狂気の象徴であることが少なくないように、桜もあまりにも美しいがゆえに、それには狂気、あるいは死のイメージが潜んでいるとする作家もいるようです。

 読み返してみたい作品として、まず梶井基次郎の『桜の樹の下には・・・』。

桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故なぜって、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

この衝撃的な冒頭分で全てが語りつくされています。

 

 そして、坂口安吾の『桜の森の満開の下』。

 桜の木が、人間の狂気を呼び起こすものとして描かれている短編小説です。この奇抜な設定も、桜の木だからこそ、ある種の説得力を持てるのでしょう。

 

 どちらの作品も、青空文庫で読めます。

 梶井基次郎 桜の樹の下には

 坂口安吾 桜の森の満開の下