[PR]カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

ディクテーター 音声解説 ポッドキャスト告知(愛すべきおバカ映画 その7)

徹底解説 音声解説 洋画 愛すべきおバカ映画

 音声解説シリーズの第3弾は、『ボラット』『ブルーノ』のサシャ・バロン・コーエン主演のディクテーター 身元不明でニューヨーク』(2012)です。

 

Dictator [DVD] [Import]

 もちろん、WOWOW映画塾でも既に紹介されていますが、町山氏の解説をベースにして、さらに解説を広げていこうと思います。

 

 ・完全におバカ映画なのに、チャップリンの独裁者(1940)』の構造をとっている映画(映画塾の復習編で論じられています)ですが、実はあの名作映画も下敷きになっています。

 ・また、サシャ・バロン・コーエンの、無茶苦茶な行動は、非常にポストモダン(後に説明致します)であるということや、いかにクライマックス・シーンでの主張と、上記のチャップリン作品のそれと比較検討します。

 今週中にはアップする予定です!

 

 

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』解説動画 - アメリカンに映画を観る!

ポッドキャスト アメリカン・スナイパーの”モヤモヤ”を考える(音声解説) - アメリカンに映画を観る!