[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

本当は怖いビートルズ~Track 06:Somethingの裏にある哀しい話

今回は、ビートルズの実質的なラストアルバム、Abbey Roadからのヒット曲。

Abbey Road


SOMETHING ** THE BEATLES (lyrics) - YouTube

 ビートルズのバラードの中でも、ベストソングに入るほどの曲です。ジョージハリスンの作曲した曲の中でもベストの曲だといえます。

 

 この歌詞に出てくるsheとは、PVでも登場している、当時のジョージハリスンの奥さん、パティ・ボイド。でも、彼女とは後に別れています。

 そこで出てくるのが、この曲。

 


Eric Clapton - Layla - YouTube

エリック・クラプトンの”いとしのレイラ”です。この”レイラ”は(1971年?)当時まだ人妻だったパティへの思いを歌にした曲なのです。

二人は79年に結婚。完璧なカップルかと思えば、色々あって1989年には離婚したようです。

ジョージも再婚したのですが、破綻してしまった関係がインスピレーションとなった曲が、このSomethingなのです。