[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

本当は怖いビートルズ~Track 05 Day Tripper

大分間があいたものの、4曲だけで終えてしまうのもなんなので、再開。

今回は、ビートルズを語るときに必ず出てくる話。

ビートルズに関して、詳しい人なら、このバンドはドラッグソングを量産していたことが分かるだろう。

当初は、she loves you, yeah, yeah, yeah~ とか、I want to hold your hand~とか、非常に純粋無垢なことを唄っていたのだが、中期にさしかかると、自分たちの”習慣”が歌詞に反映されることに。

色々あるのだが、追々書いていこうと思う。

初めに、Day Tripper。


The Beatles - Day Tripper - YouTube

デイ・トリッパーと聞くと、日帰り旅行?とのんきな解釈が出来そうだが、

麻薬を摂取した状態のことをトリップすると言う通り、この曲は、割とストレートなドラッグソングだ。

サビの、

She was a day tripper, one way ticket, yeah. 

(彼女は”デイ・トリッパー”だった。片道切符さ)

というフレーズは、要はこの彼女というのは、ドラッグを週末か何かにするのだが、”日帰り”、つまり、ちょっと”トリップ”しただけで、また元の生活に戻ってしまうweekend hippie、週末だけのヒッピーなのだ。その現象をビートルズは茶化しているという訳だ。

ただ、困ったことにこの曲は5週連続全英1位(全米だと5位が最高位だった)を記録。どんな内容の歌詞でも、売れる曲は売れるようだ。


◆T2. おどるポンポコリン B B クイーンズ - YouTube

 

他の”本当は怖いビートルズ”の記事です

 

「本当は怖いビートルズ」Track 04 Help! ~無視され続けてきたジョンの心の叫び - アメリカンにアメリカ映画を観る!

 

 

「本当は怖いビートルズ」Track 01 Maxwell's Silver Hammer - アメリカンにアメリカ映画を観る!