[PR]カウンター

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

邦画

Weekly Selections (7/26/2015) ここではないどこかへ!(『火花』『未知との遭遇』『進撃の巨人』)

ピース又吉『火花』(情熱大陸「芸人・又吉直樹」) 夏といえば花火だが、芥川賞受賞作『火花』の冒頭も隅田川の花火大会から始まる。タイトルの意味にもふさわしい冒頭場面(主人公が組んだ漫才のコンビ名も”スパークス”。わざわざ日本語の意味まで説明はし…

映研作品感想まとめ

この前の大阪大学での学園祭で見させてもらった阪大映画研究部の作品の一部の感想をツイッターで上げたので、それの加筆修正をここに転記します。 一本目 "HERO" 自分の生き方に悩み、ヒーローへの願望を抱く一大学生がある日超能力を得る。ただ、本人が望ん…

TOKYO TRIBE ~2時間分のアトラクション!

TOKYO TRIBEを西宮のTOHOシネマズで観てきた。梅田では上映していないし、まだ一週目なのに一日二回しかやっていないのには、若干驚いたが、これが園子温監督作品史上、最大のヒット作らしい。けれども、劇場自体は70席しかないし、入ってたのも12人…

『冷たい熱帯魚』~”狂気”は”普通”の人間にある!?

ブログのタイトルとは裏腹に、またもや邦画・・・笑 この映画を見たのは、大分前なのだが、その衝撃は今でもまだ自分の中に克明に残っている。 小さな熱帯魚店を経営している、社本(吹越満)は娘の反抗的な態度にも(死別した妻の間に出来た娘)口が出せな…

真夏の方程式~テレビで映画を見ること

”真夏の方程式”が昨晩テレビ放送していたようで。 結局観るタイミングを逃がした結果に終わったものの、ふと「テレビ放映を想定してるんだから、2時間枠にすっぽりおさまるような尺なんだろうか」と思った。調べてみたら、130分前後ということで、「10…