[PR]カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンに映画を観る!

幅広く、新旧問わず洋画のいいとこ取り。記事のリクエスト等ございましたら気軽にコメントして下さい

アメリカ大統領選というスペクタクル(3)いつになれば予想は当たるのか!?

今回紹介したいのは、大統領選予想についてのポッドキャスト・動画だ。3月9日の現時点では、共和党からはまたもやトランプ氏が北部のミシガン州、南部のミシシッピ州などの州で圧勝しており、後続勢が彼の勢いをもはや止められるのかかなり不安が募るような…

アメリカ大統領選というスペクタクル(2)スーパーチューズデーで何が起こったのか?

今回紹介したいのは、評論家荻上チキの看板ラジオ番組Session-22からのスーパーチューズデー特集回だ。 www.tbsradio.jp 米大統領選・序盤戦最大の山場「スーパーチューズデー」! この番組は、時折リアルタイムでストリーミング再生して聞くこともあるが、…

アメリカ大統領選というスペクタクル (1)

一応このブログはアメリカ映画を主に取り扱っているが、アメリカ大統領選(の候補者選び)がヒートアップしていく中、まあ避けては通れない道ではあるだろうなと思い、今の大統領選について色々思うことを書き留めておきたい。 多くの指摘が既にあるかと思う…

「本当は怖い」インサイド・ヘッド

最近、BBC Cultureの記事を好んで読んでいるが、その中でも特筆すべきだったのが、ピクサー作品における労働について論じている記事だ。 http://www.theawl.com/2015/07/the-pixar-theory-of-labor 多少乱暴だが、端的にまとめると、全てのピクサー作品にお…

未来世紀サクライが”おもろい”

ここ1,2年でポッドキャストを聞くことが増えた。やっぱり、動画と違って、何かしながら楽しめるのがありがたい。 気づけば映画系のものばかりダウンロードして聞いている。 とは言えど、今回紹介したい『未来世紀サクライ』 未来世紀サクライ|Podcastラ…

私家版ロバート・ゼメキス論~彼の作品に底通するものとは?

この前、BSプレミアムで『コンタクト』を観ていて、様々な映画を手がけてきた監督ロバート・ゼメキスに反復されるテーマがあるように思えた。 端的に言えば、非日常の経験(死と再生の象徴)を経て、彼らが疎外の対象となるということ。 ここから、『コンタ…

2014年個人ベスト~”狼”から”酔っ払い”まで

いつのまにか2015年になってしまいました・・・ということで、過ぎ去りし日々を回想しつつ、個人ベスト(映画館にて鑑賞したもののみ)を5本ほどあげてみます。 1位『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 ドラマ・サスペンス映画ももちろんいいのです…

もやもやする『ザ・インタビュー』騒動 

もう今年が終わろうとしてるが、その中で未だに『ザ・インタビュー』についてのニュースが、主要メディアで取り上げられている。 普段自分が観る映画というのは、古すぎたり、敢えてヒット中の邦画以外のものであったりするので、新聞や、テレビのニュースで…

レノン作品『ハッピー・クリスマス』は反戦歌?副題も誤訳? 

『本当は怖いビートルズ』シリーズの番外編として、クリスマスソングの定番である、ジョン・レノンの『ハッピー・クリスマス』を取り上げる。 今回は、怖いというよりも、深いと表現する方が適切かもしれない。 John Lennon - Happy Xmas [War Is Over] Lyri…

紙の本⇔スマホ議論へのアンサー

たまたま読書に関する記事をツイッターで見つけた↓ 広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~ 広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~ - NHK クローズアップ現代 現在学生の立場からすれば、読書をする習慣は受験が終わってしまって、もうついていない人が多いと思う。…