[PR]カウンター

ポークとビーンズ

主にアメリカ映画・文化について書きます。たまに関係なさそうな話題も。

2014-08-10から1日間の記事一覧

SF談義 深くて面白い映画って?(前編)

SFというジャンルは、奇抜な設定が可能なゆえ、人類全体レベルの大きな問いを投げかけることのできるものだと言える。「人はいかに生きるべきなのか?」「人間が進化するということとは?」といったような哲学的命題を観客に投げかけるのは容易であろう。 …

”爆発映画”? 『ブルースブラザーズ』愛すべきおバカ映画(1)

ブルースブラザーズといえば、見たことはないけれど、耳にしたことのあるタイトルかとは思う。これは個人的に相当、派手なおバカ映画だと思っている笑 ただ、アクションシーンと音楽に関しては、一級品のものを見せてくれる。それがこの映画の一番の魅力であ…

SF談義 深くて面白い映画って?(後編)

では、深遠なSFの名作といえば何があるだろうか。 「ブレードランナー」は、外見はそっくりで、思考も人間のように出来るレプリカントと、生身の人間はどう違うのか?というコワイ問いを孕んでいるし、 ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記…